ANCONA – アンコーナ

マルケ州の州都でもあるアドリア海の港町、アンコーナ。夕食前に駆け足で観光。


港を見渡せる高台に建つサン・チリアコ大聖堂。


「法王の広場」とも呼ばれるPiazza Plebiscito(ピアッツア・プレビシート)。夕暮れ時で街の人がアペリティーボに集っている。できればゆっくり座りたかった居心地のよさそうな広場。


Fontana del Calamo(フォンターナ・デル・カラモ)。13の噴出口があります。

観光しつつもアドリア海のシーフードを求めさまようこと数時間。日曜日のため良さそうな中心地のレストランはどこもお休み!こうなったら海岸へ出てみよう、、、と大通りをひたすら歩いて港とは反対側のPassetto(パッセット)と呼ばれるエリアに向かいます。


広場から階段をひたすら降りる。ここからさらに下へ。


ありました!波高めのこの日も営業中の素敵なレストラン。


ときどきザブンと波しぶきがかかるため、最前線のテーブルは撤去されています。このスリルがたまりません!

チカラ・ディ・マーレ
カメリエーラのお姉さんからの第一報は「本日悪天候によりアドリア海天然ムール貝は入荷なし」という残念なニュース。本当に、本当に残念。なので、前菜には蝦蛄(シャコ)。
シャコはイタリア語でCicala di mare(チカラ・ディ・マーレ)。Cicalaは「蝉」、Mareは「海」なので、まさに名は体を表すというところでしょうか。もしくはPannocchia(パンノッキア)とも呼ばれます。この単語には「とうもろこし」の意味も。


ちなみにこちら(↑)は前夜の夕食。実は昨日もシャコが出てきました。

前菜のあとは地魚のグリル大盛りと小魚のフライのダブルセコンド。海沿い、いやほぼ海上で食べるシーフードは最高ですな。

このレストラン、6月から9月のみの営業だそうです。

関連記事